> オリジナル化粧品を作りたい!OEMの魅力や製造過程は?

オリジナル化粧品を作りたい!OEMの魅力や製造過程は?

オリジナル化粧品を製造したい場合、OEM会社を利用すると気軽に作ることができます。ビジネスの幅も広がりますし、あらゆる可能性にチャレンジできそうな点も気になるところではないでしょうか。オリジナル化粧品を作る場合の魅力や製造過程におけるポイントとはどのような内容なのか、詳しく見てみましょう。

オリジナル化粧品の魅力とは?

オリジナル化粧品の製造・開発に対応!

化粧品は生活必需品でありターゲットとなるユーザーの数も多いため、市場には数多くの商品が並んでいます。ライバルが多いジャンルではありますが、オリジナル化粧品にはビジネスチャンスを掴む様々な魅力があります。

  • 個性のある商品が作れる
  • 他社との差別化が図れる
  • 肌質や年齢など個々の特徴に合わせた商品が作れる

化粧品製造のノウハウを持つOEM会社に製造を依頼することで、化粧品ビジネス未経験でもオリジナル化粧品を販売することができます。「こんな化粧品があったらいいな」というアイデアをお持ちの方は、オリジナル化粧品の開発にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

オリジナル化粧品開発のステップとは?

オリジナル化粧品を開発し、製造するまでのステップは以下の通りです。

作りたい化粧品のイメージを書き出しておく
クレンジングや化粧水、美容液など、作りたい化粧品の品目を考える
OEMメーカーへ発注する数を決める
化粧品OEM会社を探し、問い合わせる
試作品の製造を依頼する
納得のいく化粧品ができるまで試作品の試用と改良を繰り返す
容器やパッケージのデザインを決める
製品化、販売へ

上記のような流れでオリジナル化粧品が完成します。ご自身が考える軸がぶれないように、コンセプトをしっかりと持った上で臨むことが大切です。

オリジナル化粧品に関するパッケージ・容器の重要性

ポイントを示す人物

オリジナル化粧品の中身と同じように重要なのが、パッケージや容器です。これらもしっかり認識した上で商品を開発・製造しなければ、販売以前の時点でつまずいてしまうことも考えられます。主な注意点としては、下記が挙げられます。

パッケージのデザインやカラーは妥協せざるを得ないこともある

消費者が商品を購入するかどうかを判断する要素の一つが、見た目です。ご自身がイメージするデザインはもちろん、消費者に好まれるようなデザインやカラーのパッケージを作りたいものです。しかし、OEM会社によってパッケージデザインのバリエーションが異なるので、妥協せざるを得ないケースもあります。

化粧品とパッケージ・容器の内容量を確認する

企画で決定した内容量がきちんと入る容器でなければ、薬機法(旧薬事法)違反になってしまいます。パッケージに記載する内容量は、それ以上でも以下でもいけないため、サンプル品でしっかり確認しておくことが大切です。

オリジナル化粧品のOEMをお考えでしたら、プラネットへご相談ください。依頼に合わせて化粧品を製造するだけでなく、売れるための研修やフォローも行っています。商品開発はもちろん、売り方も一緒に考えることができますので、独立開業したい、こだわりの化粧品を作りたいなど、多くのお問い合わせをお待ちしています。

オリジナル化粧品の開発や製造はプラネットにお任せ!

会社名 株式会社プラネット
住所 〒102-0085 東京都千代田区六番町1−10 山陽六番町ビル5F
電話 03(3265)7122(代)
FAX 03(3265)1800
URL https://planet-group.co.jp/
設立 1990年11月(平成2年11月)
資本金 2,000万円
代表者 代表取締役社長 濱田 正也
事業内容

身体の健康(体内)・サプリメント

健康・セルフメディケーション・栄養補助食品・栄養補助食品原料・自然食品・薬膳等に関する教育・研修・コンサルティング及び情報提供・栄養補助食品・自然食品等の製造又は栽培・加工・販売

身体の健康(肌・皮膚)・化粧品

肌の健康・アンチエイジング・スキンケア・化粧品・化粧品原料・皮膚医学・医薬などに関する教育・研修・コンサルティング及び情報提供・スキンケア商品等の製造及び販売

心の健康

スポーツ・文化・教育教養・レジャー・ストレスマネージメント・リラクゼーション等に関する教育・研修・情報提供・製造及び販売

関連会社 株式会社プラネットプロダクツ
取引銀行 りそな銀行(赤坂支店)

このページのトップへ