疲労回復

【疲労の種類】

疲労には大きく分けて精神疲労と肉体疲労があります。技術が進歩した現代の生活では、肉体疲労より精神疲労が多くなったと言われています。

疲労の回復には栄養の補給と休養、緊張の緩和などが重要になります。

【疲労回復の対策方法その1】

一時的または即効的疲労回復にはエネルギーチャージが有効です。脳や筋肉で必要としている糖質を補うことで、エネルギーチャージができます。しかし、糖質だけを補っていても、糖質をエネルギーに変える働きをするビタミンB1が不足していては回復できません。疲労によって失われてしまったビタミンを糖質と一緒に補給することが必須となります。

一時的な覚醒作用としてカフェインが有効です。あくまで一時的なので、慢性的に疲れやだるさを感じている場合には不向きです。このようなタイプの疲労回復には、果糖ブドウ糖液糖のような即効吸収される糖質とカフェインを使用した、吸収が早いドリンクタイプのサプリメントが向いています。薬局やコンビニなどで売られている栄養ドリンクがこれに該当します。

【疲労回復の対策方法 その2】

時間を掛けての疲労回復は、疲労を蓄積しにくい身体にする「体質改善」や、徐々に疲労物質を排泄していく考えに基づきます。

良質の睡眠を取ることも疲労回復には大切です。テアニンやGABAなどは睡眠の質を改善する成分として知られています。

核酸(DNA・RNA)のように、身体に若く元気な細胞が多くなり、その結果、体内の若帰りにより疲労しにくい体質に変化させる成分もあります。また、ミトコンドリアで重要な働きをするコエンザイムQ10やαリポ酸のように、エネルギー産生量を増やし、疲労しにくい身体にする成分もあります。

長時間の労働や、激しい運動では、糖質がエネルギーとして使われます。その結果発生したエネルギーの燃えカス=《疲労物質の乳酸》が徐々に増加していきます。クエン酸を摂取することにより、クエン酸回路(TCA回路)を働かせることができ、乳酸の蓄積を防ぎ疲労しにくい身体を作ることができます。

【疲労回復の方法 滋養強壮】

滋養強壮という言葉は「栄養を補給し健康な身体になる」という意味ですが、滋養強壮ドリンク剤のキャッチコピーでも有名です。

滋養強壮剤に使用されている成分は多岐に渡りますが、高麗人蔘、冬虫夏草、牡蠣肉エキス、タウリン、霊芝、ニンニク、ショウガ、スッポン、ローヤルゼリー、ビタミンB群、亜鉛などがあり、最近ではアミノ酸やミネラルを多く含む「マカ」も滋養強壮剤に使われるようになりました。

疲労回復の方法や成分はいくつかありますが、疲労回復は幅広い年齢層での多くの人の悩みです。疲労回復サプリメントのOEM製造ならプラネットにお任せください。

「目的別 サプリメント一覧」に戻る >

サプリメントOEM製造に戻る >

このページのトップへ