腸内環境

「腸内環境を整える」のは大切なことなのはいうまでもありません。美容・健康の両面でとても重要です。腸は栄養の吸収や排泄だけでなく、免疫の強化や免疫の正常化にも大きく関係している大切な機関です。

【腸の種類】

腸には十二指腸・小腸・大腸・直腸・盲腸があります。

十二指腸は胃と小腸を繋ぐ部分で、胆液や膵液を分泌させて消化とpHの調整をする大切な働きがあります。

小腸では、食べたものを消化するために腸液が分泌されたり、栄養を吸収したりします。

大腸では主に水分を吸収しますが、ここで便が長く留まりすぎると水分を過剰に吸収してしまい、便秘を引き起こします。

盲腸は、「不要なもの」と位置づけられていましたが、2014年の4月に「盲腸(虫垂リンパ組織)は、大腸および小腸の粘膜免疫産生細胞を作り出し、大腸の腸内細菌叢の維持に必要なリンパ組織である」ことが大阪大学からの研究結果が発表されており、不要なものではないということがわかってきました。

【腸の働き】

腸の長さは7m~9mあります。小腸が約6~7メートル、大腸は約1.5メートルです。

腸の大きな働きとして「消化・吸収」「免疫」「排泄」があり、これらは体内からの分泌液による酵素や酸などの働きや、100種類以上、100兆個以上生息していると言われる腸内細菌の働きが大きく関与しています。この腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分けることができ、そのバランスによって腸内環境は左右されます。この多様な細菌群は互いに排除したり共生関係を築いたりしながら、腸の内部で生存競争を繰り広げ、一定のバランスが保たれた均衡状態にある生態系が作られます。このようにして作られた生態系を腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)または腸内フローラと呼ばれています。

【腸内環境を整えるには】

この腸内環境を整えるためには様々な方法があります。学術的には乳酸菌等の微生物によって、腸内環境を改善する方法の「プロバイオティクス」。腸で消化されない成分で、腸内環境を改善する方法の「プレバイオティクス」。腸内細菌を介さずに直接身体に働きかける方法の「バイオジェニックス」です。

プロバイオティクスは一般的には生きた乳酸菌や酵母などが当てはまり、プレバイオティクスはオリゴ糖や食物繊維などの善玉菌の餌となり、善玉菌を増やすものとなります。

バイオジェニックスには、乳酸菌の生産物質や核酸などの摂取が当てはまります。

腸内環境を整えるサプリメントのOEM製造なら、プラネットにお任せください。

「目的別 サプリメント一覧」に戻る >

サプリメントOEM製造に戻る >

このページのトップへ