血流改善

メタボリックシンドローム

現在の日本では、血管疾患が死因の約4割を占めています。心疾患や脳卒中と言った生命に関わる病気を急速に招く確率が高まるメタボリックシンドロームは、血圧、中性脂肪値、コレステロール値、血糖値のいずれか2つの数値に、ウエストサイズによって決まりますが、血管疾患の危険性の指標となっています。

メタボリックシンドロームによって引き起こされる心臓病や脳卒中などが発症する危険性は、血圧、中性脂肪値、コレステロール値、血糖値などの危険因子の数が多くなるほど発症率は高まると言われています。例えば心臓病の場合、危険因子がない人の危険度を1とすると、危険因子が1つでもある場合で既に5.1倍に、危険因子が2つの場合は5.8倍に、3~4個もっている場合ではなんと35.8倍にと、急激に心臓病や脳卒中など危険性が高まります。

血流改善の要素

一般に血流改善というと「血液さらさら」というイメージですが、血流改善に関する作用は血圧、中性脂肪値、コレステロール値、血糖値への作用だけでなく、赤血球の変形能、毛細血管の拡張作用や血管壁の強化、抗酸化作用もによっても変化します。これらの作用が単体で、または複合的に働くことによって、血流を良い状態に保つことができます。

血糖値や中性脂肪値、コレステロール値、血圧は食事や生活習慣とも大きく関わっており、運動や食事療法による改善も期待できます。また、これらの危険因子や赤血球の変形能、毛細血管の拡張作用や血管壁の強化、抗酸化作用はサプリメントの摂取によっての改善も大いに期待できます。

血流改善の相乗効果

血流改善作用は血管疾患の予防・改善だけでなく、身体の隅々に酸素や栄養、生理活性成分などを送り届けることにもつながります。これらが滞れば臓器などに悪影響がありまが、逆に、血流が良い状態であれば、肝臓や腎臓、子宮や脳などに酸素や栄養、生理活性成分がたっぷり届き、臓器が正常に働けます。このことにより、疲労回復をはじめ、記憶力の改善、肌の若返り、各種臓器機能の改善、冷えの改善など、美と健康の根幹部分に働きかけてくれます。

このように、血流改善は病気の予防だけでなく、さまざまな良い効果が得られます。効果的な血流改善のサプリメント製造をお考えならこちらをご覧ください。

「目的別 サプリメント一覧」に戻る >

サプリメントOEM製造に戻る >

このページのトップへ