プラセンタ

【プラセンタとは】

プラセンタといえば女性がつけたい化粧品成分の上位にランクインしている人気の成分です。

プラセンタには「核酸」「アミノ酸」、さらに「成長ホルモン」や「EGF」「FGF」をはじめとしたエイジングケア(若返り成分)が含まれています。そして潤い成分の「ヒアルロン酸」「コンドロイチン」、弾力成分の「コラーゲン」「エラスチン」が含まれているため、美容成分の最高峰とも言える化粧品の原料です。

【プラセンタの種類】

プラセンタ原料は、動物由来は豚プラセンタ、羊プラセンタ、馬プラセンタ、植物由来は薔薇プラセンタ、ライ麦プラセンタ、海洋性由来はサケから抽出したマリンプラセンタ®、チョウザメから抽出したキャビアプラセンタなど、たくさんの種類があります。

流通しているプラセンタで最も多いのは豚プラセンタです。SPF豚(無菌ブタ)を使ったものや、プラセンタを発酵させたもの、特殊なフィルターで濾過した生プラセンタなど、差別化の可能な個性を持ったプラセンタもあります。

馬プラセンタでは国産のサラブレッドのプラセンタがあります。

マリンプラセンタ®は特許成分で、美肌効果の特許、アンチエイジング効果の特許、末梢血液循環改善の特許を取得しています。

植物には胎盤はないため、植物性プラセンタは胎盤エキスではないのですが、動物性の胎盤に値する「胎座」という部分が英語表記ではプラセンタとなるため、胎座部分が植物性プラセンタとして使われています。

このように様々なプラセンタがありますが、プラセンタは身体の中からのエイジングケア成分として、今でも高い人気を誇っています。

人気の成分「プラセンタ」を使った効果のある化粧品のOEM製造なら、プラネットにお任せください。

※マリンプラセンタ®は株式会社日本バリアフリーの登録商標です。

「成分別 化粧品一覧」に戻る >

化粧品OEM製造に戻る >

このページのトップへ