プロテオグリカン

【プロテオグリカンとは】

プロテオグリカンは今、エイジングケア成分として最も注目されている成分の一つです。ヒアルロン酸を超える保湿力と肌を再生させるEGF作用という2つの素晴らしい機能性を持っています。

プロテオグリカンの分子量は大きいほど効果があると言われています。原料は、天然由来のサケの鼻の軟骨や、イカの軟骨から抽出され、化粧品やサプリメントの機能性成分として利用されています。

【保湿効果】

プロテオグリカンは、体内ではヒアルロン酸と結合していて、コンドロイチンなどを含む糖鎖でできた刷毛のような形状をしている糖タンパクです。刷毛の隙間に水分を溜め込みます。水分が逃げにくいという性質を持つのはこの形状によるものと言われています。プロテオグリカンはヒアルロン酸と同等の保湿力を持っています。プロテオグリカンは環境の変化に強いことがヒアルロン酸との大きな違いです。ヒアルロン酸は空気が乾燥していると肌に塗布してあるヒアルロン酸の水分が奪われ、肌の保湿力が落ちてしまうのに対し、プロテオグリカンは空気が乾燥していても、ヒアルロン酸よりも高い保湿力を維持し肌の潤いが長続きします。

【エイジングケア効果】

プロテオグリカンはその先端部分にEGF様領域が付いています。このEGFの働きにより、様々なエイジングケアの効果が期待できます。

現在、データが存在するサケ鼻軟骨抽出のプロテオグリカンの作用は下記の通りです。

  • EGF作用(上皮細胞増殖促進作用)
  • ヒアルロン酸産生促進作用
  • Ⅰ型コラーゲン産生促進作用
  • シワ改善作用
  • 皮膚弾力改善作用
  • 肌荒れ改善作用
  • 美白作用(B16メラニン生成抑制作用)
  • 色素沈着改善作用

このような美容にとって効果的なプロテオグリカンを使った化粧品のOEM製造なら、プラネットにお任せください。

※一丸ファルコス プロテオグリカンIPC(2009年5月20日発行)参照

「成分別 化粧品一覧」に戻る >

化粧品OEM製造に戻る >

このページのトップへ