オールインワン

売れている商品の一つがオールインワンタイプです。ご存知の1本で化粧水にも、乳液にも、美容液にもなるという便利な商品です。保湿・美白・エイジングケア・UVケアなど、多くの機能を一つに盛り込みます。多くの場合は乳白色の「ゲル」タイプです。ちなみに「ゲル」も「ジェル」も語源は同じもので、「gel」をドイツ語で「ゲル」、英語で「ジェル」と読みます。化粧品の世界では使い分けられていてイメージとして「ゲル」は水分が少なめでやや弾力がある使用感を持ち、「ジェル」はどちらかと言えば水分が多めです。しかし「ゲル」にも「ジェル」にも水分量が○%以上や○%以下というような定義はありません。

オールインワン化粧品を使用する愛用者の立場からすると「楽」にお手入れできるとういう点でとても好評を得ています。化粧品に掛かるお金も少なくて済むというメリットもあります。しかし「本当にこれ1本で大丈夫なのか?」という不安を抱く方もいらっしゃいます。

販売する立場からすると、本来なら化粧水、乳液、美容液と3品売れるところが、1品しか紹介しないため、いくつものアイテムを販売できる基礎化粧品のメリットを潰していることになります。

しかし、大手化粧品会社がオールインワン化粧品を販売している状況を見ますと、実はオールインワン化粧品だけでは完結しておりません。更なる高級オールインワン化粧品や、スペシャルケアと称する美容液やクリーム・パックなど、より美しくなるための高級化粧品も用意し、クロスセルだけでなく、アップセルを視野に入れての販売をしています。

オールインワン化粧品を、顧客の確保をするための戦略的なフロント商品として捉えている場合が多く見受けられます。

今、人気のあるオールインワン化粧品をOEM製造するなら、経験豊富なプラネットにご相談ください。

「アイテム別 化粧品一覧」に戻る >

化粧品OEM製造に戻る >

このページのトップへ