美容液

【美容液とは】

基礎化粧品の中でも美容液は、そのラインアップやブランド内でも、最も高機能な製品設計になっており、有効成分を多く配合していることが一般的です。この美容液が基礎化粧品シリーズのポテンシャルを左右すると言っても過言ではありません。また、美容液はエッセンスやセラムと呼ばれることもあります。

【美容液の効能効果】

美容液の多くの場合、肌に充分な水分を与えることは化粧水に任せて、化粧水には入れきれない有効成分を肌に送り届けることを目的とします。美容液には、保湿、美白、ニキビケア、エイジングケア、リフトアップ、代謝など、様々な肌の状態や肌の悩みに対応した効能効果を織り込みます。

また、目元や口元用やシミ用、しわ用や、リフトアップ、ニキビ、エイジングケアなど、肌の悩みを解決することに特化したスペシャルケアとしてラインアップされることもあります。

【美容液の容器】

容量は30mL~50mLくらいが一般的で、粘性があるものが多いため、ポンプタイプのボトルを採用する商品が多くなります。その他にはガラスのスポイトタイプのボトルも見受けられます。このように、美容液は有効成分を多く含み、少量でありながら高価な位置づけのものとなっています。

【美容液の企画・開発・OEM製造】

プラセンタやコラーゲン、ヒアルロン酸、高濃度ビタミンC、ビタミンC誘導体、フラーレンR、DNAや幹細胞エキス、最近話題のプロテオグリカンやピクノジェノールRなど、こだわりの有効成分をはじめとして、どのような有効成分を美容液に配合するかで、ブランド全体に影響します。そのため、化粧品のOEM製造では、美容液の設計には特に力を入れております。

有効成分の選択や、ボトル、パッケージのデザインや流通など、美容液の企画・開発・OEM製造までをトータルで行っているプラネットに、ぜひご相談ください。

「アイテム別 化粧品一覧」に戻る >

化粧品OEM製造に戻る >

このページのトップへ