美白

「色白は七難隠す」ということわざがあるくらい女性にとって白い肌は理想的であると言えます。そのため化粧品には「美白」のチカラが求められます。

化粧品で「美白」を実現するためには肌の「くすみ」と「シミ」にアプローチする必要があります。

【くすみの原因と対策】

肌の「くすみ」の原因には大きく5つあると言われています。

  1. 汚れによるもの
    • 正しい洗顔が充分に行われないことで、皮脂の酸化やタバコのヤニなどが残っている状態
  2. 老化によるもの
    • 古い角質が残った角質肥厚状態
    • コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの真皮層での生産力低下
  3. 血行不良によるもの
    • 血液の流れが悪く、肌に酸素や栄養が充分に行き渡らない
    • リンパの流れが悪く、老廃物の排泄がうまく行かない
  4. メラニンによるもの
    • シミには発展はしてはいないものの、メラノサイトが刺激されている状態
  5. ニキビやニキビ痕によるもの
    • ニキビやニキビ痕により、肌が炎症を起こして、厚くなる状態

このような「くすみ」の原因は、正しいケアを行うことで改善することが可能です。

【シミの原因と対策】

「シミ」に関してはメラニンが原因となります。

紫外線を浴びることでメラノサイトが刺激され、外線から肌を守るためにメラニンが生成されます。通常でしたら肌の代謝機能(ターンオーバーサイクル)によってアカとなって剥がれ落ちるのですが、長時間または強い紫外線を浴びることでメラニンが多く生成されたり、加齢やストレスなどによりターンオーバーサイクルが乱れたりすることでメラニンが停滞し、メラニンが沈着してシミとなってしまいます。

シミの改善のためには、メラノサイトにアプローチして、メラニンの生成を抑えることが有効な手段の一つです。

また、メラノサイト自体の増殖を抑えるという新しい美白作用も発見されています。

その他、メラニンの種類に着目し、褐色のメラニンでなく肌色のメラニン(フォメラニン)を作り出すことで、美白を目指す成分も発見されています。

「目的別 化粧品一覧」に戻る >

化粧品OEM製造に戻る >

このページのトップへ